品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

食中毒防止対策に必要不可欠な「衛生的手洗い」とは

2016年11月25日(金)

 

1.秋冬は、ウイルスによる食中毒に要注意。

 平成26年の月別・食中毒発生状況を見ると、夏場は細菌による食中毒が多いのに対して、秋冬はウイルスが原因の食中毒が増えています。食中毒の病因ウイルスは感染力が非常に高いので、食品を取り扱う事業所では、年間を通じて徹底した食中毒防止対策が必要です。
 
病因物質別患者数の月別発生状況(全体事例 平成25年~27年)
(出典:厚生労働省ホームページ)
 

2.微生物の汚染は、ヒトの手を介して広がります。

 さまざまなものに触れることで、気づかないうちに、手に微生物などが付着しますが、一時的に手に付いた微生物は、適切な手洗いで洗い落とすことができます。
 「食品衛生は手洗いに始まり、手洗いに終わる」と言われるように、食品衛生に手洗いが必要不可欠であることは周知の事実です。それにもかかわらず、手を介した食中毒が多発するのは、適切な手洗いが実践されていないからではないか、と考えられています。
 

3.手洗いは、食中毒防止の基本です。

 食品を取り扱う事業所や調理施設では、適切な手洗いを指導し、従業員全員が徹底厳守することが重要です。衛生的手洗いが必要なのは、次のような何らかの作業を始める前と行った後です。
 
●調理施設に入る時
●調理施設に入る時
 
●食品の盛り付け作業の前
●食品の盛り付け作業の前
 
●生野菜、生肉、生魚(貝)、生卵等に触れた後
●生野菜、生肉、生魚(貝)、生卵等に触れた後
 
●次の調理作業に移る前
●次の調理作業に移る前
 
●ゴミ処理をした後
●ゴミ処理をした後
 
●顔や頭、マスクに触れた後
 
●トイレの後
●トイレの後
 
 

4.衛生的手洗いの手順とポイント

■洗う前に確認!洗い残しが多いところを入念に
爪、指先、指の間、親指のまわり、手首、シワ部分は、とくに注意して洗いましょう。
■洗う前に確認! 洗い残しが多いところを入念に
 
■衛生的手洗いの手順
①腕時計、指輪をはずす
①腕時計、指輪をはずす
 
②流水で両手の汚れを洗い落とす 手洗い用洗剤を付ける
②流水で両手の汚れを洗い落とす 手洗い用洗剤を付ける
 
③洗剤を泡立て、もみ洗いする
③洗剤を泡立て、もみ洗いする
 
④指先、指の間、手の甲、手首まで、しっかり擦り洗いする 流水で洗剤をよく洗い流す
④指先、指の間、手の甲、手首まで、しっかり擦り洗いする 流水で洗剤をよく洗い流す
 
⑤ペーパータオル等で手を拭き、水分をしっかり拭き取る(タオル等の共用はしない)
⑤ペーパータオル等で手を拭き、水分をしっかり拭き取る(タオル等の共用はしない)
 
⑥消毒用アルコールを付け、よくすり込む
⑥消毒用アルコールを付け、よくすり込む
※二度洗いが効果的
 
■手洗いの設備も要チェック

手洗い設備は清潔な状態ですか?
手洗いに必要な備品は揃っていますか?(手洗い用洗浄剤、ペーパータオル、消毒用アルコール、使い終わったペーパータオルを捨てる容器)
手洗い洗剤の容器は汚れていませんか?
手洗い洗剤、消毒用アルコールの容器には、十分に中身が入っていますか?

 
衛生的手洗いの指導のほか、事業所内の衛生管理、厨房点検等も実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。
 

お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
東京研究所 Tel.03-5615-5390(代)
名古屋研究所 Tel.052-261-2030(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから