品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

消費科学研究所ブログ

Archive for 7月, 2016

新発売の商品にアレルゲン表示のミスがないか、事前の検査で確認しましょう。

金曜日, 7月 29th, 2016

 
アレルゲン食品のイラスト(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)
 

1.新しい「食品表示法」に対応したアレルゲン表示が必要です。

2015年4月1日に施行された「食品表示法」により、アレルゲン表示制度が変わりました。食物アレルギーの症状を引き起こす食品のうち、重篤度が高く症例数の多い7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)については表示が義務付けられ、マヨネーズやパンなどの「特定加工食品」に関する表示省略規定も廃止されました。
※経過措置期間として加工食品は5年(2020年3月31日まで)が設置されています。
 
・新しい表示の例
新しい表示の例
 

2.「イムノクロマト法」で自主検査を。

「新商品の発売前に、アレルゲン表示に誤りやミスがないか再確認したいが、公定法によるアレルゲン検査は費用が高くて…」と、躊躇される方も多いのではないでしょうか。そのような際は、比較的コストを抑えて行える「イムノクロマト法」での自主検査を行い、食物アレルゲンの有無を検査するのがおすすめです。(※)
 
※イムノクロマト法はあくまでも簡易法なので、偽陽性や偽陰性の出る可能性があります。
 
・検体を均一に粉砕する
検体を均一に粉砕する
 
・調整した試料溶液を試験紙に滴下し、陽性か陰性かを判定
整した試料溶液を試験紙に滴下し、陽性か陰性かを判定
 

3.拭き取り検査も可能です。

中間製品の抜き取り検査や、製造ラインの洗浄後に汚れが残りやすい箇所を拭き取り、イムノクロマト法による検査を行うことで、卵や小麦など食物アレルゲンの残留がないかをチェックできます。
日々の確認検査や、外部への証明を必要としない内部管理のための検査の際には、イムノクロマト法で、費用を抑えて積極的に検査を行ってみてはいかがでしょう。
 

4.より詳細な検査や表示についてもお気軽にご相談を。

弊社では、正しい食品アレルゲン表示を行うために、自主検査のサポート、より精密な試験・検査の実行のほか、新制度に適応したアレルゲン表示の指導なども実施しています。より正確で精度の高い「エライザ法」による食物アレルゲン検査も可能です。
食物アレルゲン検査、アレルゲン表示について幅広く対応していますので、ぜひお気軽にご相談ください。
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

東京研究所 Tel.03-5615-5390(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

衣類等の洗濯表示が変わる!繊維製品に関する最新情報…対応は万全ですか?

金曜日, 7月 22nd, 2016

1.新しいJIS洗濯絵表示による販売が始まります。

 2014年10月に制定された新JISに則り、2016年12月1日から新JIS洗濯絵表示による商品が出てきます。国際規格に整合した洗濯表示を導入した新制度では、取扱絵記号の種類が増え、表示方法も変わり、取扱い方法についてよりきめ細かい情報が提供されるようになります。新表示の商品が出てくるまでに、新JIS表示を理解し、消費者に正しい情報を提供できる体制づくりが必要です。(※旧JIS洗濯絵表示の既存商品についても、引き続き販売可能です)
 また、安全性に関わる新たな法規制として、今年4月から家庭用品規制法における「特定芳香族アミンを容易に生成するアゾ染料」を含む家庭用品の販売規制も始まっています。繊維製品及び革製品が規制対象となっています。
 
・新JIS表示例
新JIS表示例

2.不当な広告や表示への監視・指導が強化され、課徴金制度が導入されました。

 羽毛布団の産地偽装疑惑などを機に、繊維製品の景品表示法上の監視が厳しくなりそうです。また、承認や届出を経て、身体への効能効果の表示が認められた繊維製品も増えつつあります。2016年4月には、不当な表示に対する課徴金制度も導入されました。
 景品表示法、医薬品医療機器等法(旧薬事法)の規制内容を正しく理解し、消費者にとって疑わしい、誤解を与える表示になっていないか、事前にチェックすることが必要です。
 

 

研修会資料イメージ

3.皮革製品の販売には、専門知識が求められます。

 最近、素材感を重視した革を使った商品が増えると共に、消費者からの苦情も増えてきています。皮革は繊維とは異なる特殊な素材であり、販売時には、皮革の種類や基本的な特性などの素材知識が必要です。
 

 

 

研修会資料イメージ

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから