品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

消費科学研究所ブログ

Archive for 11月, 2017

ダウンジャケットの手軽な試験をご紹介します!-羽毛の吹き抜け試験 <大丸法>-

月曜日, 11月 27th, 2017

「黒いダウンベストなんだけど、ところどころ、何か白いものが飛び出してくる。」
「最近買ったばかりコート、ちょっと羽織っただけで、セーターに白い羽が付いた。」
「販売前の商品なのに、縫目から羽毛が出ている。」

 
このようなクレームでお困りのことはありませんか?
ダウンを中綿に使用した製品の、羽毛の吹き抜けを確認する試験があります。
 

【ダウンジャケット等の羽毛の吹き抜け*<大丸法>】
*「吹き抜け」とは、生地や縫目からのダウンの飛び出しのことです。

 
この試験は、製品にダメージを与えずに試験を行うことができるため、事前の確認試験はもちろん、お客様からのご相談に対応する場合にも、手軽に行うことができる試験です。

■それでは、試験方法をご紹介します。

① 腕付き上半身の試験用ボディに黒のトレーナーを着せ、その上にダウンジャケット(試験品)を着せます。
ダウンジャケット
 
② 大きめのポリ袋に入れて口を閉じ、タンブラー乾燥機に入れて回転させます。
  但し、乾燥機の温度は上げず、エアーのままで、着用時の摩擦などを再現します。
乾燥機
 
③ 30分回転させた後、ダウンジャケットの羽毛の吹き抜け状態とトレーナーに付着した羽毛を観察します。
 
④ 判定は、ベテラン試験員が、目視で1~5級の等級付けを行います。

■試験結果から、ダウン製品の品質を判定します。

この写真は、実際にクレームのあった商品の吹き抜けです。
吹き抜け
 
重要なのは、生地から羽毛の吹き抜けが生じないこと!!
 
縫目からの吹き抜けを完全に防ぐことは難しいですが、その量が多いと中に着ている衣類に付着するなどしてクレームになる場合があります。さらに、色の濃い物に付着した場合は、より目立つためクレームになりやすいです。
 
いまや秋冬の定番となったダウン製品。お客様に快適に着ていただくためにも、いま一度、商品の確認試験をしてみませんか。
 
当研究所では、今回ご紹介した試験以外にも、繊維製品全般の事前試験から原因究明等クレーム対応まで、幅広く皆様からのお問い合わせ・ご依頼を承っております。
お気軽にご連絡ください。
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

研究所員 I のつぶやき – 景品表示法に基づく措置命令

金曜日, 11月 10th, 2017

皆さん、ご覧になりましたでしょうか?
11月7日に、消費者庁から葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分として痩身効果を標ぼうする機能性表示食品の販売業者16社に対して、景品表示法に基づく措置命令が下されました。
 
詳細は以下の消費者庁ニュースリリースをご覧下さい。
 
消費者庁ニュースリリース
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171107_0001.pdf

 
商品に係わる表示・表現に問題があれば、大切なお客様、消費者の方の信頼を失うだけでなく、会社の経営を揺るがしかねない大きな問題にもつながります。
 
当研究所では、長年百貨店を中心に小売の現場で培った幅広い知識・ノウハウをもとに、商品に係わるすべての表示・表現を点検してきましたが、あらためて表示は怖いと感じました。
 
お客様に誤解を与えるようなチラシ、WEB、カタログ等の表記内容にはくれぐれもご注意下さい。
 
表示・表現の点検は当研究所でも実施しております。詳細は以下よりご覧下さい。
 

 

参考資料/消費者庁ホームページ、消費者庁ニュースリリース

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから