品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

消費科学研究所ブログ

Archive for 6月, 2019

東京研究所が上野御徒町に移転しました。

火曜日, 6月 18th, 2019

 

2019年5月7日、東京研究所は松坂屋上野店近くの「松坂屋黒門別館」内に移転しました。

新しい研究所は、JR「御徒町駅」から徒歩2分、地下鉄「上野広小路駅」から徒歩3分と、とてもアクセスの良い場所にあります。

今回は新しくなった東京研究所を紹介します。

 

 

1.事務所エリア

 

 

事務所スペースの有効活用のため、社員が専用の席を持たないフリーアドレスにしています。所内にWi-Fiを整備し、どこでも自由に仕事ができる環境を整えました。

また仕事に応じて環境が変えられるように、ファミレス風の席や集中スペースを設け、メンバーのコミュニケーションも取りやすくレイアウトしました。

 

 

2.細菌検査室

 

 

お客様からお預かりした商品の細菌検査をする場所です。

検査室は外から汚染されないように、常に空気が内部から外部に向かって流れるように調整されています。また室内にはHEPAフィルターを使用した空調により清浄な空気が循環しています。

 

 

3.理化学試験室

 

 

ここでは、保存料、漂白剤などの食品添加物や、水分、塩分などの検査を行っています。

右端に見える装置は、「ドラフトスクラバー」と呼ばれる装置で、有害なガスを発生する薬品を使う時に使用します。この装置を使用することで、検査員が有害ガスを吸い込むことや、大気・土壌などの環境汚染を防いでいます。

 

 

4.機器分析室

 

 

理化学試験室に隣接する部屋で、主に異物の鑑定をする場所です。蛍光X線分析装置や、フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)などの機器により、金属やプラスチックなど様々な異物の鑑別を行っています。

 

 

5.模擬厨房

 

 

 

デパ地下、スーパー、レストランなどの厨房で実際に使用されている手洗い設備、シンク、コールドテーブル、フライヤー、ダクトフードといった業務用の機器を設置しています。厨房点検の基礎を学ぶ企業研修などでの活用を目的としています。

 

 

「研究所」といえば「白い床」「白い壁」そして白衣を着た人たちがフラスコや試験管を片手に検査をしている様子が浮かぶかも知れませんが、ご紹介したように新しい東京研究所は、木目調の床を基調としたナチュラルな雰囲気で統一されており、今までにない新しい時代へのチャレンジを表現しています。

今回の移転を機に、東京研究所員一同、より一層皆さまに寄り添った品質管理のお手伝いをさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

研究所員Mのつぶやき -調理現場の衛生検査員の日常-

金曜日, 6月 7th, 2019

今回は、調理現場の衛生点検を担当し始めた新米検査員Mによる、検査員ならではの「職業病」に関するつぶやきをお届けします!

 

私たち消費科学研究所、略して「消科研」の衛生検査員は、お客様から衛生点検のご依頼をいただくと、調理現場に伺って異物混入の原因となる可能性がある箇所がないか、清掃が不足している箇所がないか、冷蔵庫の温度記録等の管理表が正しく運用されているかなど、衛生管理上大切なポイントに問題がないか確認をしています。

 

調理場の規模にもよりますが、10分から20分程度の限られた時間内で情報を収集し、問題点に気づいた場合は、改善の手助けになるアドバイスができるように心がけて日々、衛生点検を行っています。

 

その結果なのか、消科研の検査員たちは、私生活においても飲食店で厨房内が見える位置に座っていたり、実演販売を見かけたりすると、無意識に厨房内の観察を始めるようになる傾向があります。

 

先輩検査員たちに聞くと皆、調理者の手元を見ながら、「どれくらいの頻度で手洗いしてるのかな」とか、料理を出してもらうのを待ちながら、「あそこの湯きり網、針金がほつれてきているから、異物混入防止のために交換したほうがいいですよってアドバイスしたい」とか、つい考えちゃうと言っています。これが、社内で最も経験豊富な検査員ともなると、飲食店に入った瞬間、「におい」で衛生状況がある程度把握できるらしいです!

 

このような行動は、私たち消科研の検査員特有の「職業病」ではないでしょうか?

 

多くの検査員に、飲食店に入ると店内のにおいを嗅ぐ、メニューを見るより先に厨房内を観察する、調理者の服装や手先を観察するといった症状が見られ、私も検査員として衛生点検に行くようになってから、今までは気になることが無かった飲食店内のにおいや、天井・壁の埃が気になることがあり、「職業病」にかかったなと感じます。ただ、先輩検査員から飲み会の席で、「G臭(ゴキブリが棲みついている場所特有のにおいを社内ではこう呼んでいます)が分からないうちは、まだまだだね」と言われ、職業病としてはまだ軽度だと知りました。

 

こんな話を聞くと、消科研の検査員は“変人”だと思われるかもしれません。しかしながら、消科研の全ての検査員が、調理現場で働く皆様に寄り添い、衛生環境のレベルアップの手助けをしたいと強く望んでいます。

 

そのためにも、私たちは衛生管理について更に勉強し、いつでも情報提供ができるように集団食中毒や異物混入事故が起こっていないか情報を集めるとともに、「職業病」を大切に、今後も研鑽を積んでまいります。

 

消科研の検査員による衛生点検に興味が湧きましたら、ぜひご連絡下さい!