品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

消費科学研究所ブログ

消費科学研究所ブログ

ダウンジャケットの手軽な試験をご紹介します!-羽毛の吹き抜け試験 <大丸法>-

月曜日, 11月 27th, 2017

「黒いダウンベストなんだけど、ところどころ、何か白いものが飛び出してくる。」
「最近買ったばかりコート、ちょっと羽織っただけで、セーターに白い羽が付いた。」
「販売前の商品なのに、縫目から羽毛が出ている。」

 
このようなクレームでお困りのことはありませんか?
ダウンを中綿に使用した製品の、羽毛の吹き抜けを確認する試験があります。
 

【ダウンジャケット等の羽毛の吹き抜け*<大丸法>】
*「吹き抜け」とは、生地や縫目からのダウンの飛び出しのことです。

 
この試験は、製品にダメージを与えずに試験を行うことができるため、事前の確認試験はもちろん、お客様からのご相談に対応する場合にも、手軽に行うことができる試験です。

■それでは、試験方法をご紹介します。

① 腕付き上半身の試験用ボディに黒のトレーナーを着せ、その上にダウンジャケット(試験品)を着せます。
ダウンジャケット
 
② 大きめのポリ袋に入れて口を閉じ、タンブラー乾燥機に入れて回転させます。
  但し、乾燥機の温度は上げず、エアーのままで、着用時の摩擦などを再現します。
乾燥機
 
③ 30分回転させた後、ダウンジャケットの羽毛の吹き抜け状態とトレーナーに付着した羽毛を観察します。
 
④ 判定は、ベテラン試験員が、目視で1~5級の等級付けを行います。

■試験結果から、ダウン製品の品質を判定します。

この写真は、実際にクレームのあった商品の吹き抜けです。
吹き抜け
 
重要なのは、生地から羽毛の吹き抜けが生じないこと!!
 
縫目からの吹き抜けを完全に防ぐことは難しいですが、その量が多いと中に着ている衣類に付着するなどしてクレームになる場合があります。さらに、色の濃い物に付着した場合は、より目立つためクレームになりやすいです。
 
いまや秋冬の定番となったダウン製品。お客様に快適に着ていただくためにも、いま一度、商品の確認試験をしてみませんか。
 
当研究所では、今回ご紹介した試験以外にも、繊維製品全般の事前試験から原因究明等クレーム対応まで、幅広く皆様からのお問い合わせ・ご依頼を承っております。
お気軽にご連絡ください。
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

研究所員 I のつぶやき – 景品表示法に基づく措置命令

金曜日, 11月 10th, 2017

皆さん、ご覧になりましたでしょうか?
11月7日に、消費者庁から葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分として痩身効果を標ぼうする機能性表示食品の販売業者16社に対して、景品表示法に基づく措置命令が下されました。
 
詳細は以下の消費者庁ニュースリリースをご覧下さい。
 
消費者庁ニュースリリース
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171107_0001.pdf

 
商品に係わる表示・表現に問題があれば、大切なお客様、消費者の方の信頼を失うだけでなく、会社の経営を揺るがしかねない大きな問題にもつながります。
 
当研究所では、長年百貨店を中心に小売の現場で培った幅広い知識・ノウハウをもとに、商品に係わるすべての表示・表現を点検してきましたが、あらためて表示は怖いと感じました。
 
お客様に誤解を与えるようなチラシ、WEB、カタログ等の表記内容にはくれぐれもご注意下さい。
 
表示・表現の点検は当研究所でも実施しております。詳細は以下よりご覧下さい。
 

 

参考資料/消費者庁ホームページ、消費者庁ニュースリリース

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

レジ袋やゴミ袋など、JISに基づいたポリ袋の品質試験とは。<第2弾>

金曜日, 10月 27th, 2017

 
昨年10月のブログで取り上げ、ご好評をいただいた「ポリ袋の品質試験」の第2弾です。(第1弾は2016年10月ブログをご参照ください)
今回は、消費科学研究所で実施しているJIS規格に基づく試験の中から、ポリ袋(ポリエチレンフィルム製袋)の品質規格であるJIS Z 1702[包装用ポリエチレンフィルム]とJIS Z 1711[ポリエチレンフィルム製袋]による「引張試験」と「水漏れ試験」の2つをご紹介します。

1.引張試験で、ポリエチレンフィルムの破断しやすさを測定

[JIS Z 1702 包装用ポリエチレンフィルム 7.5引張試験]に基づき、試験機を用いて行ないます。
 
<試験方法>
①試験品をダンベル型に打ち抜き、中央部に標線を引いた後(標線間距離40mm)、試験片の厚さを測定します。※標線内3箇所の厚さのうち、最小の値を試験片の厚さとします。
 
・試験片の写真
試験片の写真
 
②試験片を引張試験機に取り付け、速度500mm/minで引っ張り、試験片が破損する最大荷重と、破断時の標線間の距離を測定します。
 
・試験機・測定時の写真
試験機・測定時の写真
 
<試験結果の求めかた>
試験結果は、破断までの最大荷重を、試験片の元の断面積で除した値を引張強さ(MPa)として求めます。伸びは破断時の標線間距離より算出します。
 
(例)
①試験片の厚みを測定
標線間を含めた3箇所の厚さのうち、最小の値を試験片の厚みとします。
試験片の厚みを測定
 
②引張試験で引っ張り強度と伸びを測定
 試験条件・最大荷重 10Nで引っ張った結果、破断時の標線間距離が200mm
引張試験で引っ張り強度と伸びを測定
 

2.水漏れしないことを確認

[JIS Z 1711 ポリエチレンフィルム製袋 8.6水漏れ試験]に基づき試験を行ないます。
 
試験品の長さの約1/5まで水を入れ、そのまま1分間保持した後、ポリ袋の底部から水滴が落ちないことを目視で確認します。
 
水漏れしないことを確認
 

3.他にも、ポリ袋類に関する各種試験を実施しています

自治体指定のゴミ袋について、それぞれ仕様書に則った品質基準が定められており、確認のために必要な第三者機関での試験等にも対応しています。
試験内容等の詳細や発注方法については、気軽にお問い合わせください。
 

 

商品名 試験項目
ごみ袋・レジ袋・
ポリ袋類
厚さ測定
寸法測定(長さ)
寸法測定(幅)
寸法測定(シール下)
一枚あたりの質量測定
引張強度
引裂強度
伸び
衝撃強度
ヒートシール強度
水漏れ
印刷部分の鉛・カドミウムの含有量
素材確認
印刷はく離強さ

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

魚介類の適正な衛生管理で、食中毒対策を

火曜日, 9月 26th, 2017

1.生の魚介類には、食中毒の原因となる細菌やウイルスが付着していることがあります

海や河川には、食中毒の原因となる腸炎ビブリオなどの細菌やノロウイルスなどが存在し、それらの細菌やウイルスに魚介類が汚染されていることがあります。 また、魚介類は変質・腐敗が起こりやすく、その際に作り出されるヒスタミンという物質による食中毒も発生しています。
 
■魚介類の食中毒の原因

原因物質 主な魚介類の種類
腸炎ビブリオ 海洋性の魚介類
ノロウイルス 二枚貝
ヒスタミン 赤身魚(マグロ・サンマ・サバ・イワシなど)

 
①腸炎ビブリオ
腸炎ビブリオ
海洋性の魚介類のエラや表面に付着している細菌です。魚介類を調理したまな板や調理器具、手指から二次汚染を引き起こします。
<予防方法>
・低温(0~4℃)で保存する
・魚介類は、水道水の流水でよく洗い流す
・加熱調理する場合は、中心温度65℃で1分間以上
 
②ノロウイルス
ノロウィルス
カキなどの二枚貝を生食または加熱不足で食べるとノロウイルス食中毒を引き起こします。また、感染した人の手指を介して二次汚染が拡大します。
<予防方法>
・カキなどの二枚貝は生食を避け、カキフライでも中心温度85~90℃で90秒以上加熱する
・清潔な使い捨て手袋を使用する
・手洗い、うがいを励行し、健康管理(検便を含む)を徹底する
 
※ノロウイルス食中毒対策についての詳細は、過去のブログ<2015年09月14日(月)>でも取り上げていますので、ご参照ください。
 
③ヒスタミン
細菌(ヒスタミン生産菌)により、魚体中のタンパク質が分解され、アミン類(ヒスタミン、アグマチンなど)が蓄積して起きる食中毒です。見た目の変化や悪臭を伴わないため、食べる前に感知することは非常に困難です。また、一旦ヒスタミンが産生されると、加熱調理してもなくなりません。
<予防方法>
・赤身魚(加工品も含む)は常温で放置しない
・冷蔵でも長期間の保管は避ける
・冷凍した赤身魚を解凍するときは冷蔵庫で解凍する
・冷凍と解凍の繰り返しは避ける
 

2.魚介類の寄生虫による食中毒にも注意が必要です

■食中毒の原因となる寄生虫

寄生虫 魚介類の種類
アニサキス サバ、サンマ、カツオ、イナダ、イワシ、イカ、アジなど
クドア・セプテンプンクタータ ヒラメ
旋尾線虫 ホタルイカ、ハタハタ、タラ、スルメイカなど

 
①アニサキス
アニサキスとイカ
アニサキスは魚介類の内臓に寄生していますが、鮮度が落ちると内臓から筋肉に移動するため、それを生で食べることにより食中毒を起こします。
<予防方法>
・新鮮なものを選び、速やかに内臓を取り除く
・60℃で1分間加熱または70℃以上で加熱する
・マイナス20℃で24時間以上冷凍する
・魚の内臓を生で提供しない、食べない
・目視で確認して、アニサキスの幼虫を除去する
※一般的な料理で使う程度の量や濃度の塩・わさび・酢などでは、アニサキスは死滅しない
 
②クドア・セプテンプンクタータ
クドア・セプテンプンクタータ
ヒラメの筋肉に寄生するクドア・セプテンプンクタータという寄生虫による食中毒です。9月~10月に多発する傾向があります。
<予防方法>
・マイナス20℃で4時間以上冷凍する
・中心温度75℃で5分間以上加熱する
・検査で「クドア陰性」と確認されたヒラメを使用する
 
③旋尾線虫
ホタルイカの消化管に寄生しているため、ホタルイカ漁解禁の3月~8月、特に4月~5月に多く発生します。ホタルイカを生で内臓ごと食べる「踊り食い」などが主な原因です。
<予防方法>
・加熱する(沸騰水中で30秒以上浸漬または中心温度60℃以上で加熱)
・マイナス30℃で4日間以上冷凍する
 

3.下処理で菌を取り除き、増殖させない

魚介類のエラや表面に付着した菌やウイルスをしっかり洗い流し、水分がたまらないようにして、速やかに冷蔵または冷凍します。
 
・魚は頭か尾を持ち、腹をつかまない(体温で劣化するため)
・流水(水道水)で、魚のエラや表面をよく洗って菌を洗い流す
・ウロコ、エラ、ワタ(内臓)を取り除き、よく洗う
・魚から出る水分がたまらないように、網すのこを敷いたバット等に入れ、ラップで密封し、冷蔵庫で保管する
・魚を冷凍する場合は、薄い切り身にして1枚ずつラップで包み、冷凍にかかる時間を短くする
 

4.厨房での二次汚染を防ぐ

他の食品に細菌やウイルスが付着すると、食中毒の原因になります。
 
・魚介類とその他のまな板や包丁を使い分ける
・使用した調理器具類は、十分に洗浄した後、熱湯や塩素系殺菌剤などで消毒して二次汚染を防ぐ
・生魚を冷蔵庫で保存する場合は、他の食品を汚染しないように、別々に保管する
・手指の洗浄・消毒を徹底する(必要に応じて使い捨て手袋を使用する)
 

5.室温放置は厳禁! 必ず冷蔵庫へ

・わずかな時間でも冷蔵庫で4℃以下にて保存する
・生食用のものは、その日のうちに食べきる
・加熱調理する場合は、中心部まで十分に加熱する
・冷凍した魚介類を解凍する際は、冷蔵庫内で行う
 
魚介類をはじめ生鮮食品の取り扱い指導のほか、事業所内の衛生管理、厨房点検等も実施していますので、ぜひ気軽にご相談ください。

 


 

参考資料/東京都福祉保健局ウェブサイト
 

お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
東京研究所 Tel.03-5615-5390(代)
名古屋研究所 Tel.052-261-2030(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

繊維製品の“品質表示”、変更はお済みですか?

月曜日, 8月 7th, 2017

ライフスタイルの多様化や商品流通のグローバル化などを背景に、2017年4月1日に「家庭用品品質表示法」が改正施行され、繊維製品の表示方法が一部変更されました。
1年の経過措置期間*を経て、2018年4月1日より完全移行されます。
* 経過措置期間中は、従来の表示が可能、その後も変更せず販売は継続できますが、早め の変更をおすすめします。
 

1.表示事項や表示内容が見直されました

[帽子]指定品目に追加。繊維の種類と洗濯表示(取扱い表示)の記載を義務付け

全国的に取扱方法や洗濯トラブルなどが多く、未然に防ぐために追加されました。
(経過措置期間はなく、2018年4月1日からの施行)

 
 

[ズボン]ズボンの裏生地も表示対象に

消費者が商品の性能や取扱方法、保管方法を判断する際に、表生地だけでなく、裏生地も表示の必要があるとして追加されました。
※裏生地については、他の繊維製品と同様に混用率を省略し繊維名を列記する「列記表示」を行ってもよい(表示例2)。
 

 
 

[マフラー等]洗濯表示(取扱い表示)を表示事項に追加

マフラー、スカーフ及びショール等は、素材の多様化により手洗い可能な製品も多く、消費者から洗濯に関する相談が寄せられているため、表示が必要になりました。

 
 

[毛布]毛布のたて糸も表示を義務付け

改正前は表面部分(毛羽部分)のみの表示でよいとされていましたが、毛布のたて糸の素材により価格や取扱方法が異なるため、表示事項へ追加されました。

 
 

2.より合理的な方法で表示を行えるよう変更されました

[人工皮革]人工皮革と合成皮革とを区別せず、「合成皮革」の表示が可能

合成皮革製の手袋および衣料の「材料の種類」の「人工皮革」と「合成皮革」は判別が難しく、また、それぞれで取扱上の注意が大きく変わるわけではないことから判別が不能な商品の人工皮革は「合成皮革」と表示できるようになりました。
 

 

3.繊維の名称を示す指定用語が整理されました

①「指定外繊維」の用語は廃止されます。指定外繊維とは「家庭用品品質表示法によって指定されていない用語(指定用語以外の用語)」のことです。
今後指定用語にない繊維は、以下の分類名等を用いて表示します。
・分類名:植物繊維、動物繊維、再生繊維、半合成繊維、合成繊維、無機繊維
*上記以外は「分類外繊維(○○)」と表示します。○○は「繊維名」または「商標」が入ります。○○が不明な場合は、省略することができます。
 
・表示例: 植物繊維(ヘンプ)、再生繊維(リヨセル)、分類外繊維(紙) など
 
②指定用語として「亜麻」、「リネン」、「苧麻」、「ラミー」、および「複合繊維」が新しく追加されました。また、プロミックス、ポリクラールが指定用語から廃止されました。
・表示例: 複合繊維(○○) ○○には指定用語または繊維名、商標名などが入ります。不明な場合は、省略することもできます。
 
③指定用語のない「毛」は、「毛」の用語にその繊維名または商標名を括弧書きで付記することができます。
・表示例: 毛(ビキューナ)
 
※さらに詳しい情報は、消費者庁ホームページをご参照ください
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/guide/fiber/fiber_term.html
 
施行から約4カ月が経ち、新しい表示への猶予期限が近づきつつある中で、企業からの問い合わせが増えています。当研究所では適正な表示にスムーズに移行できるよう、さまざまなサポートを実施しています。お気軽にお問い合わせください。
 
参考資料/消費者庁ウェブサイト
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから