品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

消費科学研究所ブログ

化粧品

化粧品・健康美容雑貨品の媒体点検

金曜日, 3月 15th, 2019

化粧品、健康美容雑貨品などの広告には、消費者に誤った認識を与えないよう、従来から法規制や広告基準が設けられてきました。近年、それらの改正が重なり、各業界団体でもガイドラインの新設や見直しが行われています。
しかし、内容が非常に複雑な上に判断が難しく、当研究所には、「関連法規に抵触する恐れのある表現がないか確認してほしい」という相談が増えています。

1.関連法・広告基準の改正

●平成26年11月25日 薬事法が改正され「医薬品医療機器等法(薬機法)※1」となる。
●平成29年 9月29日 「医薬品等適正広告基準※2」改正。
●平成30年 6月7日 打消し表示※3についての「景品表示法(景表法※4)」上の留意点が明文化され、監視が厳しくなった。

 
※1 薬機法
医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器・再生医療等製品の、品質・有効性・安全性の確保等を目的とした法律。虚偽誇大な広告を行うことでヒトの保健衛生に悪い影響を与えないように、広告についても「第66条:虚偽・誇大広告等の禁止」や「第68条:承認前医薬品等の広告の禁止」等で規制されている。
 
※2 医薬品等適正広告基準
薬機法上の広告規制である「第66条:虚偽・誇大広告等の禁止」に基づいた、適正な広告を行うための基準。対象は医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器・再生医療等製品。
 
※3 打消し表示
商品やサービスについての強調的な表示に関する条件・例外等を付記したもの。「シワをなくすファンデーション!」という強調表示に関する「※メーキャップによる物理的効果です。」という注釈等がこれにあたる。
 
※4 景表法
嘘・大げさ・紛らわしい等、消費者を騙すような不当表示と、本当に良い商品・サービスなのかが分からなくなるような行き過ぎた景品を禁止する法律。
 
これらの改正に伴い、各業界団体のガイドラインもより厳しく見直されています。
 
■見直されたガイドラインの例
化粧品等の適正広告ガイドライン2017年版(2017年見直し)
https://www.jcia.org/user/common/download/business/advertising/JCIA20170906_ADguide.pdf
 

2.媒体点検の事例

当研究所では、化粧品、健康美容雑貨品の広告上の表現が薬機法や景表法等に違反していないか、それらを熟知した専門家が確認し、必要に応じて適切な広告表現への変更をアドバイスしています。

 
※各画像をクリックすると拡大表示されます。
 
①バスタオル点検例
①バスタオル点検例
 
②化粧品点検例
②化粧品点検例
 
③雑貨品点検例1
③雑貨品点検例1
 
④雑貨品点検例2

 

現在、当研究所では多くの百貨店様・小売事業者様を対象に、化粧品や健康美容雑貨品の広告表現アドバイスや品質コンサルティングを定期的に行っています。また、同様に下記の関連業務も行っていますので、お気軽にご相談ください。

 
[関連業務]
●商品自体の表示点検
必要に応じて家庭用品品質表示法、消費生活用製品安全法、電気用品安全法をふまえたアドバイスも行います。
●社内セミナーの企画・実施
「景品表示法上の表示等管理担当者養成」、「適正な広告表現」をテーマにした社内セミナーを行います。
●店頭表示・表現の点検
専門家を店頭に派遣し、点検します。
 
▶試験・サービスのご案内/表示・媒体点検(リンク)
https://www.shoukaken.co.jp/medium/
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

洗っている最中の髪のすべりの違いを調べる -毛髪表面特性試験<応用編>-

月曜日, 1月 29th, 2018

2017年3月号ブログで紹介した毛髪表面特性試験に関して、今回はそれを応用した試験を紹介します。(2017年3月号ブログはこちら
通常のご依頼では乾燥状態の髪の状態を試験することが一般的ですが、洗っている最中の髪のすべりの違いを測定することも可能です。毛髪は乾燥状態よりも濡れた状態の方がダメージを受けやすいと言われているため、このような条件でデータを取ることは製品評価に有効と考えられます。
 

1.試験方法

測定時に毛髪サンプルが滑らないよう固定したのち、希釈したシャンプー溶液に浸漬する前後の摩擦係数の平均値(MIU)を測定します。
※摩擦係数の平均値(MIU):すべりやすさを表します。この値が低いとすべりやすく、高いとすべりにくくなります。
 
<試験条件>
●試験品:3種類のシャンプー(A、B、C)を用い、水で希釈して1%濃度に調製
●測定条件:2条件(毛元から毛先方向、毛先から毛元方向)
●使用センサー:シリコンセンサー
●毛髪サンプル:2cmの幅に毛髪200本を並べてシート状にしたもの
 

毛髪サンプル(浸漬前)
毛髪サンプル(浸漬前)
毛髪サンプル(浸漬中)
毛髪サンプル(浸漬中)

 
※通常、当研究所では毛髪を1mm間隔に並べた毛髪サンプルを摩擦係数の測定に用いますが、今回は2cmの幅に200本の髪の毛を並べたものを用いています。
 

2.試験結果

今回の測定では以下の結果が得られました。
 
■毛元から毛先方向(MIU)
毛元から毛先方向(MIU)
 
【測定値】毛元から毛先方向(MIU)
 
■毛先から毛元方向(MIU)
毛先から毛元方向(MIU)
 
【測定値】毛先から毛元方向(MIU)
 
3種類のシャンプー(A、B、C)では毛元から毛先方向、毛先から毛元方向共に、Bのシャンプーがもっとも摩擦係数が小さくなることがわかりました。また、毛先から毛元方向に関しては、A、Cのシャンプーの摩擦係数はほぼ同じでしたが、Bのシャンプーではその約半分くらいとかなり小さくなっていました。
実際は洗髪中の製品の濃度や毛髪の太さなど様々な要因が関係するため、この測定方法のみで評価ができるわけではありませんが、評価のひとつとしてご利用ください。
 
今回の試験にご興味をもたれた開発、企画ご担当者さま、気軽にご相談ください。
 

関連キーワード:毛髪物性試験 > 毛髪表面特性測定試験
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

髪のすべりやすさ、なめらかさを測定し、ヘアケア製剤の開発をサポート

水曜日, 3月 29th, 2017

消費科学研究所では、さまざまな毛髪試験を実施し、ヘアケア製剤の性能を評価しています。(①2015年10月ブログ2016年10月ブログ2017年1月ブログ参照)
今回は、それらの試験の中から、測定機を使用した「毛髪表面特性試験」について紹介します。
 

1.毛髪表面特性試験とは?

毛髪の「摩擦係数の平均値(MIU):すべりやすさ」と「摩擦係数の変動(MMD):なめらかさ・ざらつき」を測定する試験です。
コンディショナーやトリートメントなどのヘアケア製剤で処理した毛髪や、ダメージを受けた毛髪について試験を行うことで、その違いをわかりやすくデータ化(見える化)します。たとえば、洗浄のみを行った毛髪と、洗浄後にリンス~トリートメントを行った毛髪の2種類を測定すると、洗浄のみの毛髪の方がすべりにくいことが数値化されます。
 

2.試験方法

毛髪のキューティクル方向をそろえて、スライドグラス上に1㎜間隔で並べて測定用サンプルを作ります。試験機に測定用サンプルをセットし、毛元から毛先の方向に向けてセンサーをすべらせて「摩擦係数」を測定します。
ちなみに毛髪以外にも、ファンデーションを塗る時のすべりやすさを評価するのに、この試験機を使用することもあります。
 
写真①:試験機器
試験機器
 
写真②:測定用サンプル
測定用サンプル
※毛髪サンプルの作製~測定は、室温20℃、相対湿度65%の環境下で行います。
 
測定時に用いるセンサーは2種類あり、試験対象の状態や用途によって使い分けます。ピアノワイヤーセンサーはシリコンセンサーと比べてサンプル表面の凹凸を捉えやすいため、詳細な表面の凹凸データを得たい場合はピアノワイヤーセンサーを使用し、それよりも指で触れたときの感触に近いデータを取りたい場合はシリコンセンサーを使用します。
 
写真③:シリコンセンサー
シリコンセンサー
ピアノワイヤーセンサーと比べてすべりにくい素材のため、MIU(すべりやすさ)が高く出やすい。
 
写真④:ピアノワイヤーセンサー
ピアノワイヤーセンサー
シリコンセンサーと比べてキューティクルの凹凸を捉えやすいため、MMD(なめらかさ・ざらつき)が高く出やすい。
 
試験の様子

 

3.試験結果と評価方法

●試験結果:測定値のみかた
毛髪表面特性試験は、試験品表面にセンサーをすべらせ、摩擦係数を測定します。そのうち、すべらせ始めと終わりを除いた部分の摩擦係数の平均値をMIU、摩擦係数の変動をMMDとして算出します。
 
説明イラスト(アニメーション)
 
・摩擦係数の平均値(MIU)
  =すべりやすさを表します。この値が低とすべりやすく、高いとすべりにくくなります。
・摩擦係数の変動(MMD)
  =なめらかさを表します。この値が低いとなめらか、高いとざらつきます。
 
●評価(例)
○リンス・コンディショナー処理なし…MIU:0.338 、MMD:0.0024
○リンス・コンディショナー処理あり…MIU:0.300 、MMD:0.0020
   結果の数値は説明用です。実測値ではありません。
 
⇒「リンス、コンディショナーをした方がすべりやすく、
  なめらかになる」と評価できます。

 

4.シャンプーやコンディショナーなど、ヘアケア製剤の開発に

毛髪の試験では、主にサンプルを比較して行う試験方法が一般的で、毛髪曲げ特性試験(曲げ剛性、曲げヒステリシスの幅)や毛髪引張特性試験(破断加重、延伸率)も、同様に比較試験を行います。サンプルが複数あれば、1つずつ順次測定して結果を比較します。
ヘアケア製剤の開発時、複数の試作品から絞り込みを行う際などに、さまざまな角度から毛髪を評価できる比較試験が大いに役に立ちます。
毛髪表面特性は、風合いを構成する物性のうちの一つです。より細かな毛髪表面の状態を観察したい場合は、SEMによる表面観察も併せて実施することをおすすめします。
 

 

○ご依頼時の注意点
・試験に用いる毛束は弊社でも手配できますので、試験品のみお送りいただいても実施可能です。(処理した毛髪のみ、または毛束と試験品をお送りいただいても実施可能です。)
・送付時は、毛髪を折り曲げない、つぶさないようにしてお送りください。
・コンディショナーなどの試験品はこぼれないように、また、容器が破損しないようにしてお送りください。

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

髪の引張強さ・伸びを測定し、ヘアケア製剤を比較評価

金曜日, 1月 27th, 2017

消費科学研究所では、さまざまな毛髪試験を実施し、ヘアケア製品の性能を評価しています。(①2015年10月ブログおよび②2016年10月ブログ参照)
今回は、それらの試験の中から、測定機を使用した「毛髪引張試験」について紹介します。
 

1.毛髪引張試験とは

毛髪を引っ張った際の「引張強さ」および「伸び」を測定する試験です。毛髪物性に影響を与えやすいパーマ剤、シャンプー、コンディショナーなどのヘアケア製品で処理した毛髪についてこの試験を行い、引張強さ、伸びを測定、数値化して比較します。
 

2.試験方法

毛髪1本を試験機にセットして一定速度で破断する(切れる)まで引っ張ります。そのときにかかる力と伸びを測定します。
通常、毛髪の試験は、未処理毛と試験品処理毛を比べるなど、複数の毛髪サンプルを比較して試験を行うことが多く、この毛髪引張試験もヘアケア製品1点だけでなく、比較対象として未処理の毛髪や、複数のヘアケア製品を用いて処理した毛髪を用いて試験を行います。また、毛髪が破断するまで引っ張るだけではなく、一定の長さに繰り返し引っ張った時の力を測定することもあります。
 

 

 

3.試験結果と評価方法

●試験アニメーション

 
●結果データの解説

 
・力(縦軸):毛髪を引っ張ったときの力を表します。
・変位量(横軸):毛髪を引っ張った時の長さの変化を表します。
・降伏点:引っ張る際、この値を超えない範囲であれば、ほぼもとの長さに戻りますが、この範囲を超えて引っ張ると、もとの長さに戻らなくなります。ちなみに、健常な毛髪を頭から引き抜く際、大体これと同じくらいの力がかかっています。
・引張強さ:毛髪を引っ張り、破断するまでのうち最大の力。損傷を受けている毛髪は、健常な毛髪と比較して低くなります。
・破断点:毛髪を引っ張り、破断したときの力とその変位量を表します。
 

4.シャンプー、ヘアトリートメントなど、ヘアケア製剤の開発に

たとえば、パーマ剤を使用した毛髪は一般的に引っ張りに対して弱くなる傾向があります。そこで、複数のパーマ剤で処理した毛髪について比較を行い、より毛髪への影響が少ない製品の開発にお役立ていただけます。
また、あらかじめ脱色した毛髪(毛束)や、繰り返し洗浄してパサつかせた毛髪(毛束)を作って試験に用い、ヘアケア製剤の性能を精査することもできます。
 
消費科学研究所では、今回紹介した毛髪引張試験をはじめ毛髪表面の摩擦や毛髪の曲げ剛性を測定する機器、キューティクルを観察することができるSEM(電子顕微鏡)などを用いて、さまざまな見地から毛髪試験を実施しています。
ぜひお気軽にご相談ください。
 

 

○ご依頼時の注意点
・試験に用いる毛束は弊社でも手配できますので、試験品のみお送りいただいても実施可能です。(処理した毛髪のみ、または毛束と試験品をお送りいただいても実施可能です。)
・送付時は、毛髪を折り曲げない、つぶさないようにしてお送りください。
・コンディショナーなどの試験品はこぼれないように、また、容器が破損しないようにしてお送りください。

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

「毛髪曲げ特性試験」で髪のハリやコシを“見える化”

木曜日, 10月 6th, 2016

 
消費科学研究所では、さまざまな毛髪試験を実施し、ヘアケア製品の性能を評価しています。(2015年10月ブログ参照
今回は、それらの試験の中から、専用の測定機を使用した「毛髪曲げ特性試験」について紹介します。
 

 

1.毛髪曲げ特性試験とは

約毛髪サンプルを曲げた際の「曲げ剛(つよ)さ」および「回復性」について測定する試験です。
シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア製品で処理した毛髪や、ダメージを受けた毛髪について試験を行うことで、その違いをわかりやすくデータ化(見える化)します。たとえば、ハリ、コシのないダメージヘアを測定すると、曲げ剛さが低く、回復性に乏しいということが数値化されます。
 

2.試験方法

毛髪の方向をそろえてシート状に並べ、両端(毛根側、毛先側)を固定して一定速度でアーチ状(最大曲率 2.5cm-1)にカーブさせます。このときのカーブの大きさと、カーブさせる際に必要な力を計測して曲げ剛さ、回復性を算出します。
 
①測定前の準備:試験に使用する毛髪を選別する
試験に使用する毛髪
 
試験に使用しない毛髪
 
②選別した毛髪を処理し、毛髪サンプルを作成する
毛髪サンプル作製
 
試験品で処理
 
③毛髪サンプルの測定:測定機に毛髪サンプルをセットして測定する
シート状にした毛髪の両端(毛根側と毛先側)をつかんで、いずれか片方の端を一定速度でカーブさせる
※毛髪サンプルの作成~測定は、室温20℃、相対湿度65%の環境下で行う
曲げ試験機
 

3. 試験結果と評価方法

●曲げのアニメーション
曲げのアニメーション
試験結果は、グラフに表記されます。
グラフのヨコ軸は、シート状の毛髪を曲げた時のカーブの大きさ(曲率)。タテ軸は、曲げるのに必要な力を表します。
 
グラフの右半分はシート状の毛髪を右にカーブさせたときの結果を表し、タテ軸(力)もヨコ軸(曲率)もプラス側にいくほど値が高くなります。反対に、グラフの左半分はシート状の毛髪を左にカーブさせたときの結果を表し、タテ軸(力)もヨコ軸(曲率)もマイナス側にいくほど値が高くなります。
 
●測定グラフ
グラフ
 
B値(ピンク色の→部分):この値が大きいほど曲がりにくいことを表します。左右にカーブさせたときの往路の力(タテ軸)が高くなる(角度が急になる)ほど、カーブさせる(曲げる)のに力が必要となり、曲げ剛いということです。
 
2HB(オレンジ色の⇔幅):この値が小さいほど回復性が高いことを表します。つまり、左右にカーブさせたときの往復の力の差が小さいということは、曲げたときとほぼ同じ力で元に戻るということです。
 

4. シャンプーやコンディショナーなど、ヘアケア製剤の開発に

毛髪の試験では、主にサンプルを比較して行う試験方法が一般的で、毛髪表面特性試験(摩擦係数)や毛髪引張特性試験(破断加重、延伸率)も、同様に比較試験を行います。「毛髪サンプル作製」のようにサンプルが3種類あれば、1つずつ順次測定して、結果を比較します。未処理時と処理A、処理Bそれぞれの毛髪の状態を数値化して比べることができます。
シャンプーやコンディショナーを使用することで毛髪のハリやコシの風合いがどれくらい変化するかを把握し、より良いヘアケア製品の処方開発にお役立ていただけます。
毛髪曲げ特性は、風合いを構成する物性のうちの一つです。より多角的に検証するには表面特性や引張特性、SEMによる表面観察など、他の毛髪試験と併せて実施されることをおすすめいたします。

 

○ご依頼時の注意点
・試験に用いる毛束は弊社でも手配できますので、試験品のみお送りいただいても実施可能です。(処理した毛髪のみ、または毛束と試験品をお送りいただいても実施可能です。)
・送付時は、毛髪を折り曲げない、つぶさないようにしてお送りください。
・コンディショナーなどの試験品はこぼれないように、また、容器が破損しないようにしてお送りください。

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから