品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

消費科学研究所ブログ

生活用品

百貨店などに納入する靴やバッグの品質管理をトータルで承ります

月曜日, 12月 10th, 2018

1.靴やハンドバッグを少量輸入・ハンドメイドしている事業者の方へ

「自社商品を百貨店など大手小売企業で扱ってほしいが、品質関係のハードルが高そうで…」とお悩みの事業者の方からのお問い合わせがよくあります。
たとえば、
 
●商品を百貨店に納入したいが、事前の品質試験はどのように行えばよいか?
 試験の実施だけでなく、試験項目の選定やデータの見方までサポートしてほしい。
●納入先から、商品についての品質のお申出(苦情)が発生したとの連絡を受けた。
 単品不良と思われるが、品質試験を行ない、客観的に考察してほしい。
 
このようなお問い合わせに対し、当研究所では品質試験はもちろん、試験前のご相談や試験後のサポートまでトータルに行なっています。

 

万一、商品事故や苦情が発生した場合に備えて、当研究所では、販売・納入する前に代表的な商品の品質検査を行い、数値化した“事前データ”を用意することをおすすめしています。“事前データ”があれば、何かあった時にすぐ納入先にそれを提出できます。小売りの品質基準をクリアした事前データを根拠に、今回の事故や苦情は単品不良であり、納入商品すべてに問題があるのではないことを説明する材料として大変有効です。また、納入先との信頼関係にもつながります。

 

2.靴・ハンドバッグの検査・問い合わせランキング(当研究所内)

当研究所で実施している事前試験や苦情原因究明から、件数の多いものをご紹介します。

■第1位 「色落ち」 (試験費用 1,200円~)

衣服や靴下への色落ちの程度を、試験によって数値化します。

 
(例)「靴を脱いだらストッキングの親指付近が黒く汚染していた」

このケースでは、靴の内張り地に対して、乾いた状態と濡れた状態での染色堅ろう度摩擦試験をご提案します。


 

試験結果は、白布の汚れの濃さをグレースケールで判別・数値化します。


 

試験動画はこちら


 

■第2位 「強度」-耐荷重  (試験費用 3,000円~)

・ハンドバッグの持ち手や縫製箇所の強度
・靴のストラップや底の接着強度など、製品強度を測定します。

 
(例)「ハンドバッグの持ち手の縫目の縫製がほどけて、持ち手がはずれた」

 

このケースでは、実際の商品の中に重りを入れて強度を確認する「耐荷重試験」をご提案します。

ハンドバッグの場合は10kg、トートバッグやリュックのように大きめのバッグの場合は20kgの重りを商品の中に入れます。
日常使用時と同じように持ち手や肩ベルトで吊り下げ、1時間後、バッグに異常がないかを確認します。

 

■第3位 「強度」-縫目  (試験費用 2,700円~)

・バッグの縫目の強度を測定します。

 
(例)「バッグの底周辺の縫目が破れた」

このケースでは、実際の商品を用いて、破損箇所周辺の「縫目強さ試験」をご提案します。

バッグの底、マチ、側部等の縫製部が中央になるように引張り試験機に取付けて、破れるときの最大荷重を調べます。但し、取付部Aと取付部Bの間は6cmとし、引張速度は100mm/minとします。
(JIS L 1093 繊維製品の縫目強さ試験方法グラブ法に準拠。)

 

3.革製品の品質に関する相談・問い合わせに対応

当研究所はJ.フロントリテイリングのグループ企業として、百貨店の品質管理全般を受託し、百貨店に求められる品質レベルを熟知しています。特に皮革製品の検査や相談の経験が豊富で、業界との交流も広いので、修理先等のご紹介も可能です。
わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。初めての方にもわかりやすく丁寧に、ご相談に応じます。

 
●ご依頼の流れ

※内容により3~10日程度(お急ぎの場合ご相談ください)

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
担当:村井、横田
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

レジ袋、ゴミ袋など、JISに基づいたポリ袋の品質試験と表示とは。

月曜日, 11月 26th, 2018

近年、試験依頼が増えているのが、ゴミ袋やレジ袋などポリ袋の品質試験です。当ブログでも過去に2度取り上げ、好評をいただきました。今回は、表示を中心にご紹介します。

1.定められた品質基準に準じて、試験を行ないます

ゴミ袋・ポリ袋・レジ袋のようなプラスチックを薄いフィルム状に延ばした製品については、日本工業規格のJIS(JIS Z1702包装用ポリエチレンフィルム)でその品質基準が定められています。
なかでもゴミ袋については、市町村ごとに指定のゴミ袋があるところが増えており、自治体が定めた品質基準に合ったものが採用されています。おもな試験項目は、厚さ測定、引張強度、伸び、ヒートシール強度、衝撃試験などです。

 

●試験方法の詳細については、以前のブログをご参照ください。
2016年10月ブログ
2017年10月ブログ

 

2.家庭用品品質表示法に基づいた表示

食品包装や、ゴミ袋に用いるポリ袋(ポリエチレン製、ポリプロピレン製)のうち、フィルムの厚さが0.05mm以下で、個装単位が100枚未満のものについては、「家庭用品品質表示法」に基づいた表示が必要です。
品質表示の必要な項目は、次の5項目です。

  • 合成樹脂の種類
  • 耐冷温度
  • 寸法
  • 枚数
  • 取扱い上の注意

これらの表示を行うためのデータ取り試験についても、当研究所で実施しています。
お気軽にお問い合わせください。

 

●家庭用品品質表示法に基づいたポリエチレンフィルム製、ポリプロピレンフィルム製袋の表示例


 

3.ポリ袋類に関する各種試験を実施しています

試験内容等の詳細や発注方法については、お気軽にお問い合わせください。

商品名 試験項目
ごみ袋・レジ袋・
ポリ袋類
厚さ測定
寸法測定(長さ) 
寸法測定(幅)
突刺し強さ
引張強度
耐荷重試験(静止荷重・繰返し荷重)
伸び
衝撃強度
ヒートシール強度
水漏れ
炭酸カルシウムの含有量
素材確認
印刷はく離強さ

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

シャワー試験で、さまざまな分野の商品の防水性能を確認できます。

水曜日, 10月 10th, 2018

シャワー試験は、本来、傘の漏水性(JUPA基準*)を確認するための装置です。当社の大阪研究所にはシャワー試験室があり、天井部分の特殊なノズルから、人工の雨を降らすことができる仕組みになっています。 この装置を使用し、傘だけでなく、防水性を求められる多種多様な商品の「耐漏水性試験」を実施しています。
*JUPA:日本洋傘振興協会

 
シャワー試験
 

1.多様な商品の耐漏水性試験が可能です

多種多様な商品を対象に耐漏水性試験を行ない、降雨後の商品の状態や防水性能について確認できます。また、依頼者の内部資料用として、試験時の写真や動画の撮影も可能です。

 

例① バッグ

バッグ止水ファスナーの拡大図
▲バッグ止水ファスナーの拡大図

●試験結果から確認できること
・バッグ内部への水のしみ込み(ファスナー、生地、縫目内部へのしみ込みの有無、どこからしみ込んだのかの部位特定等)

 
【試験結果の例】キャリーケース スライドファスナー部分 水浸入イメージ
▲【試験結果の例】キャリーケース スライドファスナー部分 水浸入イメージ

ファスナーを開けた内部の状態。赤枠で囲まれた部分について、濡れて内部の生地の色が濃くなっている。

 

例② 外壁用パテ(エアコンの配管等に使用)

エアコン配管水漏れイメージ
▲エアコン配管水漏れイメージ
 
外壁用パテ
▲外壁用パテ 試験パネルのイメージ        ▲試験パネルの設置状態
 

●試験結果から確認できること
・雨で流れ落ちる状況を確認
・変形(膨れ、ひび割れ等)の有無 など

 

例③ レインウェア

■試験方法
 ①人工降雨試験装置の下に試験対象品を置く
 ②雨を降雨させる
 

■試験結果の確認
 ・トルソーが濡れていないか、生地表面の撥水状態を確認する
 ・衣料品内部に濡れている箇所がないか、水の浸入を確認する

 

時間の経過とともに撥水性が失われ、雨がほぼ垂直にあたる肩の辺りはかなり湿潤して濡れている状態。

 

縫い目の部分から、雨が浸み込んでいるのを確認。

 

■試験結果をもとに、改善ポイントを提案
実際の降雨と同じ条件下で試験を行い、縫い目、ファスナー、スリットなど雨が浸入しやすい箇所について、より明確な試験データを得ることができます。生地の耐水性能や水の浸入経路を確認し、改善策を提案します
 

2.試験条件など、ご希望に応じて柔軟に対応します

当研究所では、降雨の量(5~50㎜/h)を調節したい、商品のどこがどのように濡れてくるのか見たい、20㎜/hの雨量がどれくらいか確認したいなど、依頼者のご要望にきめ細かく対応しています。実際に商品に雨(シャワー)を降らせている場面に立ち会いのもと、試験を行うことも可能です。お気軽にお問合せください。

 
【参考】雨の強さと降り方(気象庁ホームページより引用)
▲【参考】雨の強さと降り方(気象庁ホームページより引用)
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

4月から、帽子にも品質表示が必要になりました。

水曜日, 5月 2nd, 2018

 

1.繊維製の帽子が品質表示の対象に

家庭用品品質表示法の改正により、繊維製の帽子が対象品目になりました。
これまでは、東京都条例に帽子の表示に関する法規があり、東京都で販売する帽子には 品質表示を行う必要があったものの、他府県では任意表示となっていました。
今回は国の法律で表示対象となったため、国内全域で品質表示が必要となります。平成30年4月1日以降に製造販売する商品には品質表示が義務付けられ、表示のないものは販売できなくなります。
※法律上は4月1日から表示を行う商品が対象。それまでの商品(持ち越し品)は販売継続可能です。

 

●表示項目
①繊維の組成
②家庭洗濯等取扱方法
③表示者名等の付記

 

●対象
・日常的に使用される通園通学帽子
・運動帽子
・スポーツ・レジャー用帽子(野球帽子、テニス帽子、ゴルフ帽子、水泳帽子等)
・防暑防寒帽子
・タウンハットその他これらに類する帽子

 

※対象外
・特に装飾性の高い帽子
・業務用として用いられる帽子
・サンバイザー (業務用として用いられないものも含む)
・麦わら等の天然草木、皮革、合成皮革及びフェルト製の帽子
・ゴム製の水泳帽子

2.帽子の表示に関わる品質試験とは

●混用率試験
①検鏡などにより何の繊維が含まれているかを確認
②2種類以上の混用の場合は、繊維を解じょし、それぞれの繊維重量を測定

③混紡糸等が使用されており、解じょできない場合は薬品で任意の繊維を溶解除去し、溶解処理前後の重量を測定し計算することで、それぞれの組成繊維の重量を算出
④各繊維の重量から百分率を算出する

 

3.品質表示の作成・アドバイスを行っています

当研究所では、家庭用品品質表示法に則った表示の作成も実施しています。

 

(例)
●組成表示はどのように行えばよいか?
 
帽子本体の生地や装飾部分の生地など、各素材の組成情報および、商品をご用意いただければ、消費科学研究所で適正かつ効率的な組成表ご示を提案します。
また、組成情報がない場合は混用率試験を行ない、適正な表示を作成することも可能です。
 
●取扱表示はどれを選定すればよいか?
 
昨今は、さまざまな衣料品を家庭で洗濯をしたいというニーズが高まっています。帽子についても、特に春夏モノについては汗汚れ等が付着するので水洗いしたいというニーズがあります。
当研究所では実際に想定される洗濯やドライクリーニング等を行い、商品の外観変化や寸法変化率の測定、素材情報から適切な取扱表示をご提案します。

 
表示例

 

4.不適正な表示のチェックも実施しています

店頭の商品、在庫品、入荷品について、法律に適合していない表示がされたものがないかをチェックし、発見した場合は表示の修正改善についてアドバイスします。

 

●例:店頭で発見された不適正な表示(取扱表示の順序が不適正)

適正な表示は、家庭洗濯、漂白処理、乾燥、アイロン掛け、商業クリーニングの順が正解。この誤表示は、乾燥(タンブル乾燥不可)が最後になっており、順番が異なるため。

 

当研究所では、今回ご紹介した試験以外にも、帽子全般の事前試験から原因究明等クレーム対応まで、幅広く皆様からのお問い合わせ・ご依頼を承っております。
お気軽にご連絡ください。

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

シリコーン製調理器具などの耐熱温度・耐冷温度

金曜日, 3月 23rd, 2018

1.合成ゴム製器具:台所用容器等が家庭用品品質表示法の対象になります

シリコーンゴム製の調理器具や台所容器が広く普及している実態を踏まえ、これらの商品の正しい取扱い方法を消費者に伝える必要があるため、家庭用品品質表示法で合成ゴム製器具が対象品目になりました。平成30年4月1日から施行されます。

 

●表示項目
①使用材料
②耐熱温度
③耐冷温度
④容量
⑤取扱い上の注意
⑥表示者名等の付記 ※品目によっては表示事項が異なります。

2.「耐熱温度」の表示が必要となります

当研究所では、家庭用品品質表示法に基づく合成ゴム製器具:台所用容器等の「耐熱温度」の試験を実施しています。

 

<試験方法>
耐熱温度の試験は、JIS S2029(プラスチック製食器類)の7.4に掲げる耐熱性の試験を用いることとし、50度を起点として10度おきに行う。ただし、使用材料の種類に応じ各々の特性その他蓄積された知識、技術及び経験を勘案し、耐熱温度を合理的に推定できるときは、当該推定により相応と認められる温度を起点とすることができる。
なお、恒温槽の中に収容できない大型の合成ゴム製器具については、当該合成ゴム製器具の一部を切削して試験を行うことができる。

 

<関連項目>
耐熱試験・耐冷試験

 

■耐熱温度
耐熱温度=前号の試験により機能の異常又は著しい変形が生じた温度-10度

 
試験機器:ギアーオーブン

 

3.「耐冷温度」の表示が必要となります

当研究所では、家庭用品品質表示法に基づく合成ゴム製器具:台所用容器等の「耐冷温度」の試験を実施しています。

 

<試験方法>
耐冷温度の試験は、一定温度に定めた低温槽の中に合成ゴム製器具を入れて、1時間保持したのち、これを取り出し、そのまま2時間放置したときに機能の異常または著しい変形が生じているか否かを観察することとし、この試験をマイナス10度を起点として10度おきに行う(水を入れて冷蔵庫の中で使用する容器にあっては、常温の水を容器の約80%入れておく。)。
この場合において、低温槽の中に収容できない大型の合成ゴム製器具については、当該合成ゴム製器具の一部を切削して試験を行うことができる。

 

弊社では、-40℃まで試験が可能です。

 

<関連項目>
耐熱試験・耐冷試験

 

■耐冷温度
耐冷温度 = 前号の試験により機能の異常または著しい変形が生じた温度+10度

 
試験機器:低温恒温恒湿器

 
●表示例

 

当研究所では、今回ご紹介した試験以外にも、合成ゴム製品全般の事前試験から原因究明等クレーム対応まで、幅広く皆様からのお問い合わせ・ご依頼を承っております。
お気軽にご連絡ください。

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから