品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

お気軽にご相談ください

消費科学研究所ブログ

品質管理

東京研究所が上野御徒町に移転しました。

火曜日, 6月 18th, 2019

 

2019年5月7日、東京研究所は松坂屋上野店近くの「松坂屋黒門別館」内に移転しました。

新しい研究所は、JR「御徒町駅」から徒歩2分、地下鉄「上野広小路駅」から徒歩3分と、とてもアクセスの良い場所にあります。

今回は新しくなった東京研究所を紹介します。

 

 

1.事務所エリア

 

 

事務所スペースの有効活用のため、社員が専用の席を持たないフリーアドレスにしています。所内にWi-Fiを整備し、どこでも自由に仕事ができる環境を整えました。

また仕事に応じて環境が変えられるように、ファミレス風の席や集中スペースを設け、メンバーのコミュニケーションも取りやすくレイアウトしました。

 

 

2.細菌検査室

 

 

お客様からお預かりした商品の細菌検査をする場所です。

検査室は外から汚染されないように、常に空気が内部から外部に向かって流れるように調整されています。また室内にはHEPAフィルターを使用した空調により清浄な空気が循環しています。

 

 

3.理化学試験室

 

 

ここでは、保存料、漂白剤などの食品添加物や、水分、塩分などの検査を行っています。

右端に見える装置は、「ドラフトスクラバー」と呼ばれる装置で、有害なガスを発生する薬品を使う時に使用します。この装置を使用することで、検査員が有害ガスを吸い込むことや、大気・土壌などの環境汚染を防いでいます。

 

 

4.機器分析室

 

 

理化学試験室に隣接する部屋で、主に異物の鑑定をする場所です。蛍光X線分析装置や、フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)などの機器により、金属やプラスチックなど様々な異物の鑑別を行っています。

 

 

5.模擬厨房

 

 

 

デパ地下、スーパー、レストランなどの厨房で実際に使用されている手洗い設備、シンク、コールドテーブル、フライヤー、ダクトフードといった業務用の機器を設置しています。厨房点検の基礎を学ぶ企業研修などでの活用を目的としています。

 

 

「研究所」といえば「白い床」「白い壁」そして白衣を着た人たちがフラスコや試験管を片手に検査をしている様子が浮かぶかも知れませんが、ご紹介したように新しい東京研究所は、木目調の床を基調としたナチュラルな雰囲気で統一されており、今までにない新しい時代へのチャレンジを表現しています。

今回の移転を機に、東京研究所員一同、より一層皆さまに寄り添った品質管理のお手伝いをさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

ガラス製器具の品質と表示について

火曜日, 5月 28th, 2019

ガラス製器具には、普通ガラス、強化ガラス、耐熱ガラスなどがあり、それぞれに特性をもつガラスが使用されています。
当研究所ではJISに準じた品質試験を行い、ガラス製品の品質や性能、安全性を確認することができます。

1.ガラスコップの品質評価試験

一見、同じように見える透明のガラスコップにも、一般的なソーダ石灰ガラス製コップの他に、口部が割れにくいように強化したガラスコップや、熱湯が注げる耐熱ガラスコップなどがあります。
これらについて、基本的な口部の強度が備わっているか、耐熱性があるかなど、JISによる試験及び基準が定められています。

 

いろいろなガラスの種類のコップ写真

いろいろなガラスの種類のコップ写真
※外観上では、ガラスの種類の識別するのは難しいです。


1. 衝撃強さ(JIS S 2043:2001 ガラスコップ5.3衝撃強さ)
ガラスコップに物理的な衝撃を与え、割れないかどうかを調べる試験。
 
2. 熱衝撃強さ(JIS S 2043:2001 ガラスコップ5.2熱衝撃)
ガラスコップに急激な温度変化を与え、割れないかどうかを調べる試験。
 
3. 耐熱ガラスの熱衝撃強さ(JIS S 2030:1979 耐熱ガラス製食器4.1熱衝撃)
耐熱ガラス製食器に急激な温度変化を与え、割れないかどうかを調べる試験。
 
4. ひずみ(JIS S 2043:2001 ガラスコップ5.1ひずみ)(JIS S 2030:1979 耐熱ガラス製食器3.2ひずみ)
商品成型時に残留した応力などによるひずみがないかどうかを非破壊検査で調べる試験。
 
口にひずみのあるコップ写真

口にひずみのあるコップ写真


ひずみのないコップ写真

ひずみのないコップ写真


 
※試験方法については、下記をご参照ください。
①ガラスコップの衝撃試験
②ガラスコップの熱衝撃強さ
③耐熱ガラスの熱衝撃強さ
④ガラスコップのひずみ試験/耐熱ガラス製食器のひずみ試験

2.強化ガラスと耐熱ガラスの表示

ガラスの特性は見た目では判別できません。食事用や食卓用に使用される「強化ガラス」と「耐熱ガラス」の製品については、家庭用品品質表示法で表示が義務付けられています。使用する前に、必ず表示を確かめることが大切です。

 

■強化ガラス(ソーダ石灰ガラスなど)
製品の強度を増大させたガラス。物理的な衝撃に強く、なべの蓋、コップなどで用いられています。全面物理強化、全面積層強化、全面イオン強化の4種類があります。耐熱性はありません。


 

■耐熱ガラス(ほうけい酸ガラスなど)
耐熱温度120℃以上400℃未満。熱膨張が小さく、耐熱性にすぐれています。熱湯が注げるティーカップ、直火で調理ができるなべなどに用いられています。用途に応じて4種類(熱湯用・電子レンジ用・オーブン用・直火用)があります。
熱湯を入れるときは必ず表示を確認し、耐熱ガラス製品を使用する必要があります。


 

3.強化ガラス製のなべ蓋の品質試験

家庭用品品質表示法の表示対象品でもあるガラス製のなべ蓋は、強度を向上させた強化ガラス製のものが広く流通しています。
強化ガラスは割れにくいのが特長ですが、急激な温度変化や過度な衝撃を受けると破損します。万一破損した場合は、大きな音がする、破片が細片となって激しく飛散するなど、爆発したかのような割れ方をするため、事故につながることがあります。
強化ガラス製のなべ蓋として基本的な性能が備わっているか、JISによる試験および基準が定められており、当研究所でも実施しています。

 
5. 強化ガラス製蓋の衝撃強さ(JIS S 2010:2013アルミニウム製加熱調理器具8.3.17 強化ガラス製蓋の耐衝撃試験)
強化ガラス製のなべ蓋に物理的な衝撃を与えたときに割れないかどうかを調べる試験。

 
※試験方法については、下記をご参照ください。
⑤強化ガラス製蓋の衝撃試験

4.他にもガラス製品に関するさまざまな試験を実施しています

当研究所では、お取り扱いのガラス製品に、用途に応じた適正なガラスが使われているかどうか、JISで定められた基準を満たしているかどうかなどを、試験によって確認することができます。また、苦情事例に応じた試験の提案など、ご要望に応じた品質チェックなども行っています。お気軽に、お問い合わせください。

 
■ガラス製品の試験項目
・ひずみ
・熱衝撃強さ
・衝撃強さ
・焼付け加工
・容量
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

足圧分布測定試験で、足裏への負荷の度合がわかります

火曜日, 2月 26th, 2019

最近、底の薄い“ぺたんこ靴”を履いている女性を多く見かけます。
靴売り場を見ても、カジュアルなスタイルだけでなく、フォーマル、ビジネスでも使用できる“ぺたんこ靴”が増えている一方、長時間履いていると、足の裏が痛くなるという声もよく聞きます。調べてみると、“ぺたんこ靴”は、意外にも足の裏に負荷がかかっていることがわかりました。
当研究所では、靴の着用時に足の裏にどれくらいの負荷がかかっているかを「足圧分布測定試験」によって観察することができます。

1.ぺたんこ靴の足圧分布の測定

ぺたんこ靴を履いた時に痛くなると考えられる箇所は、おもに部分です。

 

 
<試験方法>

●試験対象となるシューズに足型センサーシートを敷き、シューズを履いた(立った)状態で静止、または歩いて、足圧分布の状態を計測します。
●歩行時の計測では、着地時~地面から足を離す時というように、時間経過に沿った測定が可能です。

 

写真:センサー


 

写真:着用時のイメージ


<試験結果、考察、見解>

実際にぺたんこ靴を履いて歩行したときの足圧分布(右足)を測定。図2のような足圧分布になりました。

 

 

片足6歩分、歩行した際にセンサーに加わった圧力を平均化したものです。
ぺたんこ靴を履いて歩くと、中足骨・踵骨(ショウコツ)(図1〇部分)に荷重がかかっていることがわかります。

 
■ぺたんこ靴による歩行時の足裏の様子(動画)

 

圧力が加わった部分は青~緑~黄~赤と色がつきます。また、色が青⇒緑⇒黄⇒赤と変化するほどに圧力が高くなります。
したがって、色がついた面積が比較的狭く、かつ赤色の部分がある場合は局所的に圧力が集中していることを表します。一方、色がついた面積が広く、かつ赤色の部分が認められない場合は、圧力が分散されていると考えられます。

 

2.スニーカーの足圧分布の測定

次に、一日履いていても足裏が痛くならない底の厚いスニーカーの場合は、どのような足圧分布になるのか、こちらも同様に足圧分布測定試験を行い、観察しました。

 
<試験結果、考察、見解>

 

ぺたんこ靴(図2)と比べると、圧力負荷を示す濃い赤色の面積が小さく、また、足裏が靴と接触している面積(色が塗られている部分)が広いことがわかります。つまり、足裏にかかる圧力が分散されているということになります。
※ここで示す面積は、静止時における接触部面積ではなく歩行時における接触部面積です

 
■スニーカーによる歩行時の足裏の様子(動画)

 

3.靴による足裏への負荷の違い

今回の観察では、靴底の厚さによって足裏にかかる負荷が全然違うことが検証されました。クッション性のある靴の方が、足裏への負荷が少ないことが今回の測定でわかりました。
ただ、底の厚い靴やクッション性のある靴は、ビジネスやフォーマルなシーンにはふさわしくない場合もあります。その際は、クッション性のある中敷きやインソールを活用することによって、足裏全体に負荷を分散することができます。

 

4.靴はもちろん、インソール着用時の測定も可能

足圧分布測定試験では、靴の中敷き部分にセンサーを入れ、立脚時または歩行した時の圧力分布、荷重中心・荷重の軌跡を測定します。今回の事例のように、「足裏に負荷がかかりにくい」ことを目で見てわかりやすく検証できるため、大変便利に活用できます。各種の靴、履物類はもちろん、インソール着用時の測定も実施しています。
また、弊社が斡旋する一般モニターが着用して測定を行うなど、より客観的な試験実施も可能です。
測定器は持ち運び可能なので、ご指定の場所で測定することもできます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 
▶試験・サービスのご案内/足圧分布測定試験
https://www.shoukaken.co.jp/clothing/organism/footpressure/

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

品質試験でブーツの色落ちトラブルを防ぎましょう

金曜日, 1月 25th, 2019

寒さがピークを迎えるこの時期。当研究所では、「ブーツから色が落ちた」というお申出をよくいただくようになります。今回は、ブーツからの色落ち事例とその対応策として実施している品質試験をご紹介します。

1.ブーツの色落ち事例

ロングブーツからの色落ちで特に多いのが、ブーツインしたパンツへの色落ちです。これは淡色のパンツを濃色のブーツの中に入れて着用した際によく起こります。ロングブーツの場合、内張り地に天然皮革が使用されていると、広範囲が汚染されるために目立ちやすいです【ブーツA】。また、内張り地が色落ちしなくても、履き口で天然皮革の甲革が内側に1cm程折り返されている場合、履き口付近のみ色落ちすることがあります。他にも起毛革(スエード、ヌバック、ベロア等)を使用している場合も色落ちしやすいです【ブーツB】。この場合は、起毛された革線維が着用時の摩擦で擦り切れて脱落し、その欠片が服や靴下などに付着することで起こります。

 

【ブーツA】
ニーハイブーツの履き口を折り返したもの(甲革:起毛革(スエード)、内張り地:銀付き革及び合成皮革)

ブーツA
 

【ブーツB】
ニーハイブーツの履き口を上から撮影したもの(甲革:起毛革(スエード)、内張り地:起毛素材及びメッシュ地)

ブーツB
 

いずれも、着用中同じ箇所が擦られ続けることで汚染が濃くなりやすいです。また、汚染品も家での洗濯などでは完全に除去できない場合が多いため、お申出につながりやすくなっています。品質トラブルやクレームを避けるため、事前に品質試験を行いましょう。

2.靴の染色堅ろう度(色落ち)を試験

■染色堅ろう度(摩擦)試験
JIS K6547 革の染色摩擦堅ろう度試験方法 (摩擦試験機Ⅰ形)による

 

<試験方法>
約900gの荷重で試料片上の約10cm間を10往復摩擦します。白布は綿を使用し、乾燥/汗(アルカリ)の2条件で試験を行います。その結果生じる白布への汚染の程度を、JIS規格に基づき、汚染用グレースケールと比較して汚染等級を判定します。

 
●摩擦試験機
摩擦試験機
 
●汚染用グレースケール
汚染用グレースケール
 

靴に関わる基準としては、ISO規格、JIS規格などがあります。当研究所ではこれらの基準に則り、靴に関連したさまざまな試験を行い、総合的な品質評価を行っています。お気軽にご相談ください。

 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから

傘の品質表示について

月曜日, 1月 7th, 2019

洋傘の品質について定めた「家庭用品品質表示法」により、「使用方法に関する注意事項」の表示が全ての洋傘に義務化されています。当研究所では、品質試験だけではなく、商品に適正な表示がされているかどうかの品質表示点検も実施しています。

1.家庭用品品質表示法

消費者が商品を購入する際に適切な情報提供が受けられるよう、日常的に使用する家庭用品を対象に制定された法律で、対象商品ごとに表示事項が定められています。洋傘も同法の対象商品で、携帯用の雨傘・日傘のほかに、ビーチパラソル及びガーデンパラソルのような定置用の大型の日傘も含まれます。

 

同法が平成25年6月に改正された背景には、ジャンプ式折り畳み傘の中棒の飛び出しによる事故があります。収納時などに急に飛び出してきた中棒が顔に当たり、中には後遺症が残るようなケースもあったためです。改正後は「取扱い上の注意」の項目中、「使用方法に関する注意事項」について全ての洋傘に表示が義務づけられました。事故を未然に防ぐためにも、法に則した正しい表示を行なうことが重要です。

 

■事故の詳細は以下をご覧ください。

独立行政法人国民生活センターホームページ内
> 注目情報 > 発表情報 > 2008年度 > 2008年5月ジャンプ式や自動開閉式
折りたたみ傘の事故-重い後遺症が残るケースも-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080508_2.html

 

> 研修・試料・相談員資格 > リーフレット「くらしの危険」> 傘の事故(No.290)
http://www.kokusen.go.jp/kiken/pdf/290dl_kiken.pdf

 

2.表示事項

■適正な表示例

出典:消費者庁ウェブサイト
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/guide/zakka/zakka_03.html

 

①「傘生地の組成」
・繊維製品の場合:『繊維製品品質表示規程』の規程に準じ、【繊維の名称を示す用語】にその「繊維の混用率を示す数値」を併記して表示する。
(例:ポリエステル 100%)
・樹脂製フィルムの場合:その材質を『合成樹脂加工品品質表示規程』に準じ、適正に表示する。
(例:塩化ビニル樹脂)

 

②「親骨の長さ」
・洋傘の生地に密着し、これを支えている主要な骨のこと。この親骨の先端から末端までの寸法をセンチメートル単位で表示する。(許容範囲は、表示値の±5mm以内)。折りたたみ式、スライド式等のものは、伸ばした状態で測る。

 

③「取扱い上の注意」
次に掲げる事項を製品の形状又は品質に応じて適切に表示する。
《イ》特に風向きに注意し、強風のときは使用しない旨。また、パラソルから離れるときは傘を閉じる旨(ビーチパラソル及びガーデンパラソルに限る)。
《ロ》中棒に埋めるべき深さの指示標識が施されている場合は、その指示標識いっぱいに地中に埋める旨(ビーチパラソル及びガーデンパラソルに限る)。
《ハ》傘の開閉時及びシャフトの伸縮時には、顔や身体から離して使用する旨(ジャンプ式の折り畳み傘に限る。)。
《ニ》使用方法に関する注意事項。

 

④「表示者名等の付記」
表示した者の「氏名又は名称」及び「住所又は電話番号」を付記し、責任の所在を明確にする。

 

■不適正な表示の事例

 

 

【指摘事項】
・親骨の長さの許容範囲は、表示値の±5mmとなっているので、約を外して許容範囲内で記載ください。

 

3.店舗での表示点検と指導、セミナーや勉強会も実施

当研究所では、直接店舗に出向いて関連法規の表示点検も実施しています。その際、現場で販売員や関係者の方々への指導を行ない、後日、表示点検の結果をまとめた報告書を送付します。適切な表示について具体的にご提案するなどトータルにサポートします。
また、洋傘の品質表示についてよりわかりやすく解説し、理解を深めていただくためのセミナー・勉強会の依頼も承ります。
洋傘に限らず、品質表示が法律に適合しているかどうかの点検を承っています。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

4.洋傘の各種試験を実施

家庭用品品質表示法に基づいた洋傘に関する各種試験と適正な表示のサポートを実施しています。新商品の品質試験をはじめ、お客様からのお申し出に対する確認試験も承ります。何でもお気軽にご相談ください。
洋傘の試験については、過去のブログでもご紹介しています。<2017年5月30日ブログ

 

[おもな試験項目]
洋傘 操作性
耐久性
強度試験 中棒の曲げ強度
中棒と手元の取付強度
中棒と上ろくろの取付強度
中棒の引張強度
傘の骨(親骨)の強度
傘生地 防水試験 耐水度
撥水度
染色堅ろう度 耐光性
水堅牢度
耐摩擦度
昇華堅牢度
引張強度

(JUPA基準より抜粋)
 

<より詳細な洋傘の試験項目についてはこちら>
 


お問い合せ先
株式会社 消費科学研究所

大阪研究所 Tel.06-6445-4670(代)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから